ホーム  >  事業内容  >  ソリューションビジネス

事業内容

ソリューションビジネス

主な開発・導入事例

  • 空気圧・電圧制御を使用した変位検査装置
  • 光信号/アナログ信号による高速インターロック装置
  • ステッピングモータを使用した多軸モーション制御装置
  • サーボモータを使用した回転体位相制御装置
  • 多チャンネルデジタル信号試験装置

LabVIEWによるソリューションビジネス

弊社ではエンドユーザー様が希望する機能を実現する装置のシステム設計・開発を行っております。エンドユーザー様の多様な要求に対応する為には、柔軟で開発効率の良いツールを使用しなければなりません。
弊社では主な開発プログラムツールとして、LabVIEW(販売元:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)を使用してお客様からの要望にお応えしております。

LabVIEWはグラフィカルなユーザーインターフェースとプログラムを一体で開発することが出来ます。フロントパネルと呼ばれるユーザーインターフェース画面と、ブロックダイアグラムと呼ばれるプログラム画面が1セットとなり、部品を配置するとブロックダイアグラムにはプログラミングに使用する部品が自動的に配置されます。

フロントパネル
フロントパネル
ブロックダイアグラム
ブロックダイアグラム

条件判断や繰り返しループなどの命令も視覚的に認識しやすく表示されるため、C言語などの記述式開発言語に比べて、プログラムの内容を全体的に把握することが容易です。

このブロックダイアグラムでは、周りを取り囲んでいるのが繰り返しループで、その中に条件判断が含まれています。
押しボタンが押された時に、条件判断のTRUEの中が実行されることが視覚的に認識できます。

ブロックダイアグラム

LabVIEWのプログラム視認性の良さは、機能開発の集中につながり、開発時間の短縮やより高い機能性を実現することができます。弊社ではLabVIEWの長所を生かし、エンドユーザー様の立場に立った装置の開発を行っております。

装置開発例

  • 多チャンネルタイミング測定装置
    (640chの高電圧入力信号の時間間隔を測定し、合否判定を行う。測定条件、及び測定結果はEXCELファイルにて読み書きを行う)

※画像をクリックすると拡大されます。

フロントパネル
フロントパネル
(ユーザーにとって必要な情報を抽出して
表示することで作業性の向上を図っている)
ブロックダイアグラム
ブロックダイアグラム
(機能別にタスクを管理してプログラムに拡張性を
持たせてあり、柔軟に機能を追加・変更できる)

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社様の協力会社(アライアンスパートナー)として登録をさせて頂き、装置の受託開発を展開しています。
(LabVIEW開発者認定資格CLD保持者 1名在籍)

NATIONAL INSTRUMENTS

ページの先頭へ